グルメ 生活

天下一品 総本店にいってきた

京都市にある天下一品の総本店に行ってきた。

「他のチェーン店舗と味が違う」とかいわれるので、数回行ってみたが、個人的には味が総本店の味は異なっているように思った。どの店舗でも素材は同じはずなのだが、こってりラーメンもスープまで完食できるくらい美味しかった。

ラーメンのスープは、「こってり」、「あっさり」、「屋台の味」の3種類から選べますが、「こってりラーメン」が天下一品のウリのようなので、初めて来店する際は、こってりラーメンを注文するのが良いかもしれません。

麺の種類は「普通麺」と「細麺」の2種類で、麺のかたさも「かため」と「やわらかめ」が選べます。

他店舗では、こってりラーメンは、かなりの空腹のとき以外は、体調によって、完食できないこともあったのだけど、総本店は普通に毎回完食できたので、何が違うのだろうか?と思う。

評価は、人それぞれだと思いますが自身の体験をもとに感想を記載していきます。

総本店の特徴

経験上ですが、駐車場も20台以上は車を停めるスペースがあり、混雑時でも4~5台は空きスペースがあった。

ラーメンの味は、毎回、別々の同伴者たちと来店した結果、「総本店は美味しい。」という意見だった。前払いの食券制度ではなく、後払い。そのため、追加で注文が随時できる。また、最初にトッピングを注文しなくても後からでも、追加で注文できた。

他店舗と比べて、カウンター席でも、5~20分くらいの待ち時間がいる。テーブル席なら、もっと待ち時間がいる。チャーハンも油が多く無くて美味しい。こってりラーメンもスープまで完食できるくらい美味しい。大盛りでも食べきれると思った。

不思議に思う事

来店の度に何故か、毎回、注文を間違えられる💦なぜ...?

先日も、3人で行ったとき、3人とも注文を間違えられ、オーダーが通ってなかったり、別のトッピングが出てきたり、セットのチャーハンが白米で出てきたりしました。

その都度、間違いを指摘したら、「すいません。」などの謝罪はありませんが、ポーカーフェイスで普通に対処してくれました。注文を間違えられた分も、加算されることは無く清算は普通に合っていました。

他店舗の特徴

他の店舗は、基本的に並ぶ時間もなく、すぐに食べれてテーブル席に座れることが多い。前払いの食券制度の店舗が増えていて、追加注文する度に、食券を買いに行く必要がある。

券売機の数が2台以下が多く、食券購入で並ぶことがある。味が店舗によってバラツキがある。

「こってりラーメン」で食べ比べると、違いがわかりやすい。美味しい店舗は、とても美味しい。そうでない店舗の場合は、食後、お腹がもたれてしまうという感覚になりやすい。大盛りにすると、食べきれずにスープか麺のいずれかを残す時もありました。

10~20代の時は、天下一品の「こってりラーメン」が好きで、大盛りでも完食できたけど、それ以降の年代になると完食できなくなる人がいました。自分にとって美味しいと思う店舗を探してみるのも面白くていいかもしれません。

メニューについて

今回は3人で、こってりラーメンのセットをそれぞれで食べました。メニューは全て税込の価格で書かれているので計算しやすかったです。

こってりラーメンのネギとメンマのトッピング有と無しの比較

  • 並盛、トッピングなし
  • 並盛、メンマとネギのトッピング有

ネギは60円でこんなにも差がある。初めにトッピングを注文し損ねても、食べてる途中で「ネギのトッピングください。」と伝えれば追加してもらえたので有難かった。

トッピングに迷ったら、食べながら考えてから注文できるのが良かった。メンマに関しては、通常の2倍くらいの量だった。

餃子とチャーハンセット

こってりラーメンの量は並盛。価格は、1,240円。餃子は王将の餃子の一回り小さい大きさで5個入り。

餃子の味は、肉の臭みがなく野菜などの他の素材の味も活かされていて美味。チャーハンはあっさりしていて、脂っこさがなく出汁のが効いていて非常に美味しい。チャーハンの量は、並盛のご飯の茶碗一杯くらいだったから、もう少し多い方が良かったと思った。

決済について

割り勘(個別清算)も対応されています。その際は、精算時に店員に伝えればOKです。グループごとに清算がまとめられていて、その中で個々の清算のデータに振り分けられていているので、割り勘の場合は、レジの登録順番があるらしく、各々が順番で支払いをしていくという流れでした。

クレジットカード(JCBも可)も、PayPay(ペイペイ)も使えます。

最後に

京都に行った際は、本店に行ってみると良いと思う。京都市内では、お店に駐車場がなかったり、車を停める場所を探す事も多いですが、車も停めれるので立ち寄りやすいです。

ただ、京都の外観の特徴で、コンビニやスーパー、お店、施設も、和風な造りになってるため、見落としやすく、マンションの1階にテナントとして入ってるようなので、スーパーのライフ目印にすると見落としにくいです。

表の入り口は、ビリオン珈琲の隣のテナントなので、車などで来られる時はこちらも目印にすればいいかも。余談ですが、ビリオン珈琲は、コンビニのコーヒーのように、コーヒーのテイクアウト(500円)もできます。

写真は駐車場から見たお店の裏側で、ここからも入店できます。ただし、お店が満席の場合は、表の入り口で並ぶようです。

コロナウイルスの対策

お店自体の広さは、総本店では縦長でやや狭い空間の印象。ただ、体感的や見た目よりは狭くはない。

各席に消毒液は置いていますが、カウンター席は、マクドナルドのカウンター席のように固定式で、動かせない仕様。隣の人との距離が、両肘が当たるか当たらないか、くらいの幅です。

席は、一つ飛ばしで座るように対策されていました。コロナの時期は、カウンター席は、グループごとに、本棚を区切るような仕切り板が置かれますが、テーブル席の方が間隔が空いてるので無難かと思われます。

小さいスプレーのボトルアルコールの用毒液です。

出前も「Uber Eats」でやっているようです。

アクセス

住所:〒606-8175
京都府京都市左京区一乗寺築田町94 メゾン白川 1F

☎ 075-722-0955

⏰ 通常 11:00~翌3:00

⏰ 2020年6月1日より 11:00~24:00

定休日:なし

☕ 30席{カウンター14席、テーブル 4人×4卓(調整可)}

🚙 駐車場 22台

お店の詳しい情報 天下一品(本店)

-グルメ, 生活

Copyright© 暇ブログ , 2020 All Rights Reserved.